Houzz Logo Print

Столовая с татами – фото дизайна интерьера

The Ramen
The Ramen
ARCHITECTURE ET BOISARCHITECTURE ET BOIS
Bertrand Pichène
Источник вдохновения для домашнего уюта: большая столовая в восточном стиле с татами
電気を買わない自給自足の高性能住宅
電気を買わない自給自足の高性能住宅
株式会社Gハウス株式会社Gハウス
Свежая идея для дизайна: столовая с бежевыми стенами, татами и обоями на стенах - отличное фото интерьера
伊丹の家
伊丹の家
株式会社 結設計株式会社 結設計
撮影:齋部功
Источник вдохновения для домашнего уюта: гостиная-столовая среднего размера в стиле кантри с коричневыми стенами, татами и зеленым полом без камина
Best of Houzz 2024: Итоги премии!
赤羽の家/O邸
赤羽の家/O邸
相川佐藤建築設計事務所相川佐藤建築設計事務所
 荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。
赤羽の家/O邸
赤羽の家/O邸
相川佐藤建築設計事務所相川佐藤建築設計事務所
 荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。
茶の間のある家
茶の間のある家
株式会社 結設計株式会社 結設計
茶の間は、リビングから1段上がる小上がりになっていて、畳に座ったままキッチンカウンターで軽い食事が出来ます。また、茶の間に座っている人とキッチンで立って作業している人の視線の高さの差が小さくなり、会話がしやすくなっています。
Свежая идея для дизайна: кухня-столовая среднего размера в классическом стиле с белыми стенами, татами, бежевым полом и потолком из вагонки без камина - отличное фото интерьера
赤羽の家/O邸
赤羽の家/O邸
相川佐藤建築設計事務所相川佐藤建築設計事務所
 荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。
伊丹の家
伊丹の家
株式会社 結設計株式会社 結設計
撮影:齋部功
Свежая идея для дизайна: гостиная-столовая среднего размера в стиле кантри с коричневыми стенами, татами и зеленым полом без камина - отличное фото интерьера
伊丹の家
伊丹の家
株式会社 結設計株式会社 結設計
撮影:齋部功
Источник вдохновения для домашнего уюта: гостиная-столовая среднего размера в стиле кантри с коричневыми стенами, татами и зеленым полом без камина
Y-SALON(帯広の個人邸サロン)
Y-SALON(帯広の個人邸サロン)
関建築設計室合同会社 / Seki Architecutural Design Office,LLC関建築設計室合同会社 / Seki Architecutural Design Office,LLC
Стильный дизайн: большая отдельная столовая в стиле кантри с коричневыми стенами, татами и зеленым полом без камина - последний тренд
茶の間のある家
茶の間のある家
株式会社 結設計株式会社 結設計
茶の間は、リビングから1段上がる小上がりになっていて、畳に座ったままキッチンカウンターで軽い食事が出来ます。また、茶の間に座っている人とキッチンで立って作業している人の視線の高さの差が小さくなり、会話がしやすくなっています。
Стильный дизайн: кухня-столовая среднего размера в классическом стиле с белыми стенами, татами, бежевым полом и потолком из вагонки без камина - последний тренд
茶の間のある家
茶の間のある家
株式会社 結設計株式会社 結設計
茶の間は、リビングから1段上がる小上がりになっていて、畳に座ったままキッチンカウンターで軽い食事が出来ます。また、茶の間に座っている人とキッチンで立って作業している人の視線の高さの差が小さくなり、会話がしやすくなっています。
На фото: кухня-столовая среднего размера в классическом стиле с белыми стенами, татами, бежевым полом и потолком из вагонки без камина с
茶の間のある家
茶の間のある家
株式会社 結設計株式会社 結設計
茶の間は、リビングから1段上がる小上がりになっていて、畳に座ったままキッチンカウンターで軽い食事が出来ます。また、茶の間に座っている人とキッチンで立って作業している人の視線の高さの差が小さくなり、会話がしやすくなっています。
Пример оригинального дизайна: кухня-столовая среднего размера в классическом стиле с белыми стенами, татами, бежевым полом и потолком из вагонки без камина
赤羽の家/O邸
赤羽の家/O邸
相川佐藤建築設計事務所相川佐藤建築設計事務所
 荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。

Столовая с татами – фото дизайна интерьера

5