Houzz Logo Print

Столовая с татами и любой отделкой стен – фото дизайна интерьера

電気を買わない自給自足の住宅
電気を買わない自給自足の住宅
株式会社Gハウス株式会社Gハウス
Свежая идея для дизайна: столовая с бежевыми стенами, татами и обоями на стенах - отличное фото интерьера
赤羽の家/O邸
赤羽の家/O邸
相川佐藤建築設計事務所相川佐藤建築設計事務所
 荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。
桧と不織布の自然素材の健康住宅
桧と不織布の自然素材の健康住宅
グッドライフ黒田工務所グッドライフ黒田工務所
北海道基準以上の断熱性能の暖かい家に住みたい。 素足が気持ちいい桧の床。漆喰のようなエコフリース。 タモやパインなどたくさんの木をつかい、ぬくもり溢れるつくりに。 日々の掃除が楽になるように、家族みんなが健康でいられるように。 私たち家族のためだけの動線を考え、たったひとつ間取りにたどり着いた。 暮らしの中で光や風を取り入れ、心地よく通り抜ける。 家族の想いが、またひとつカタチになりました。
Best of Houzz 2024: Итоги премии!
カーサ カスバ
カーサ カスバ
西島正樹/プライム PRIME  Inc.architecture & planning西島正樹/プライム PRIME Inc.architecture & planning
Пример оригинального дизайна: столовая в стиле модернизм с белыми стенами, татами, деревянным потолком и стенами из вагонки
ペットサロンのある家
ペットサロンのある家
HOME CRAFT M 株式会社 宮本組HOME CRAFT M 株式会社 宮本組
リビング横には、ゲストルームとしても使える畳ルームを配置。
На фото: гостиная-столовая в скандинавском стиле с зелеными стенами, татами, зеленым полом, потолком с обоями и обоями на стенах без камина
上溝の家
上溝の家
株式会社前田工務店株式会社前田工務店
На фото: столовая с коричневыми стенами, татами, деревянным потолком и деревянными стенами с
電気を買わない自給自足の高性能住宅
電気を買わない自給自足の高性能住宅
株式会社Gハウス株式会社Gハウス
Свежая идея для дизайна: столовая с бежевыми стенами, татами и обоями на стенах - отличное фото интерьера
赤羽の家/O邸
赤羽の家/O邸
相川佐藤建築設計事務所相川佐藤建築設計事務所
 荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。
赤羽の家/O邸
赤羽の家/O邸
相川佐藤建築設計事務所相川佐藤建築設計事務所
 荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。
赤羽の家/O邸
赤羽の家/O邸
相川佐藤建築設計事務所相川佐藤建築設計事務所
 荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。
赤羽の家/O邸
赤羽の家/O邸
相川佐藤建築設計事務所相川佐藤建築設計事務所
 荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。
赤羽の家/O邸
赤羽の家/O邸
相川佐藤建築設計事務所相川佐藤建築設計事務所
 荒磨きの焼杉を張り巡らせた2.73m×11.22mの細長い箱状の住宅です。  妻の実家近くの良好な住環境の中に土地を見つけ、狭いながらもそこに住む覚悟をもって設計の依頼をされました。  建主は大手メーカーのプロダクトデザイナー。要望のイメージ(立原道造のヒヤシンスハウスや茨木のり子の家)とはっきりとした好み(モダンデザインと素材感など)がありました。  敷地は細長く、建物の間口は一間半しか取れず、そこに廊下をとると人が寝られる居室が取れません。その状況でいかに個と家族の居場所をつくるかを検討しました。また、空間やプライバシーなどに大小、高低、明暗など多様なシーンを与え、筒状の空間が単調にならないことを心がけています。  耐力壁の配置を左右に振り分け、緩やかに各階の空間を三等分し、中央のスペースを1階は居間、2階は板の間とし、落ち着いた留まれるスペースとしました。そこから見えるスペースでは袖壁に隠れた位置に開口を配置し、光の入り具合を調整し、性格の違うスペースを目論んでいます。

Столовая с татами и любой отделкой стен – фото дизайна интерьера

1